おやこ名刺を作ったら


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

載せたい項目が決まったら、実際に名刺を作ってみましょう。無料のテンプレートを利用して自宅で作ることも可能ですが、名刺作成サービスを利用すると、用意された様々なテンプレートの中から好みに合うものを選ぶことができます。種類は実に豊富で、数百から数千ものテンプレートがあるというから驚きです。価格はサービスによって違いはありますが、30~40枚で1700円前後のものが多いです。オンライン注文ができるので、とても便利です。

渡す名刺が完成したら、さっそく手渡してみましょう。会えば挨拶くらいはするけれど、仲良くなるきっかけがつかめない。もっと仲良くなりたい。まずはそんなママさんに渡しましょう。最初は緊張しますが、何度か繰り返していくうちに慣れてきます。渡す際にビジネスマナーは必要ありません。失礼な態度はいけませんが、ビジネスマナーにこだわると堅苦しくなってしまいます。人との距離を縮めるのは笑顔です。スマイル&リラックスを心がけましょう。また初対面の場合、いきなり名刺を渡すと逆効果になることがあります。その場の雰囲気を読み取って、渡すタイミングを計ることが大切です。中にはおやこ名刺が苦手なママさんもいるので、無分別に大量に配り歩くと好感度を下げてしまう原因となります。せっかく素敵な名刺を作っても、対応が雑になっては台無しです。おやこ名刺を使いこなすには、心がけが大事です。

〔参考リンク〕
高品質な名刺作成ならデザイン名刺.net【即日スピード印刷/発送】

 

名刺のテンプレートについて

ビジネス用の名刺でしたらシンプルに白い紙に名前や電話番号だけを印字することが多いのですが、このシンプルな印刷でも色々なテンプレートが存在します。横向きのものやたて向きのもの、そして名前などの配置やレイアウトなどが違いますのでシンプルでもある程度の個性を出すことができます。

テンプレートそしてさらにおしゃれなデザイン性の高い名刺を印刷するためのテンプレートも存在します。また、自分の写真などが入れられるタイプもあります。顔を覚えてもらいたいときなどにはお奨めです。これはよく無料で配布されているのですが、シンプルな柄から渋いものなどあらゆるものがあります。無料で配布されているものでしたら勝手に使うことができますので利用してみてください。パソコンに元々付属している文章作成ソフトなどに名刺を作成するためのテンプレートが含まれている場合もあります。それを使ってみるのもお勧めです。

ただ文字を入力するだけで配置をしてもらえますし、簡単に出来上がります。文字などの配置を自分で考えて完全にオリジナルでするのもいいのかも知れませんが、よほどのデザインセンスが無い限りはお奨めできません。というの出来が悪くなる可能性もあるからです。

 

名刺のデザインにこだわってみよう

名刺の作成と言えば、従来は文房具店やはんこ店に依頼するのが主流でした。これらのお店で作成した名刺は品質こそ優れているものの、レイアウトや書体などデザインの面でのバリエーションに乏しい上、高価でもあることがネックでした。また、納期が少しかかってしまうという問題もありました。ところが現在では、名刺作成の方法も多様化してきています。インターネットで名刺作成を請け負う業者が増えていますし、専用ソフトをダウンロードして自作することもできます。

デザインこれらの方法の特徴は、デザインの多彩さです。レイアウトや書体はもちろんのこと、業者によってはイラストや顔写真、果ては携帯電話で読み込むQRコードを入れることもできます。また費用面でも、デザインにもよりますが従来の文房具店・はんこ店に比べかなり安価になっています。そして、納期が短い点も見逃せません。早い業者であれば、デザインが確定すれば当日ないしは翌日には出荷してくれます。

手持ちの名刺がなくなりそうなのに補充を忘れていた、というような場合でも安心です。名刺は、第一印象を大きく左右します。ちょっとデザインにこだわって印象度をアップさせれば、きっとビジネス面にもプラスの効果があるでしょう。