おやこ名刺活用術

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

おやこ名刺を上手に活用するために、知っておきたいことがあります。おやこ名刺はあくまでもひとつのツールであり、コミュニケーションの手がかりだということです。名刺を渡しただけですぐに仲良くなれるわけではありません。ママ同士でよい関係を築きたいのであれば、努力は必要になるのです。

交流おやこ名刺を持つ最大の目的はママ同士、親子同士の交流が広がるきっかけとすることです。話すのが苦手でも、おやこ名刺があればスムーズに自己紹介をしやすくなります。話が盛り上がり、親子ぐるみで仲良くなれるチャンスを増やすことができるのです。積極的に話しかけて、名刺をフル活用しましょう。入園式、入学式、遊びに行った公園、偶然出会った場所など、名刺を手渡すチャンスはいくつもあります。

防犯の面でも、おやこ名刺は重要な役割を果たします。写真付きの名刺なら、子どもが迷子になった場合、発見してもらえる可能性が高まります。子どもを育てる大変さを一番わかってくれるのは、同じ境遇のママさん達です。ママ同士の連携が深まれば、何かあった時にお互いに協力しあうことができます。近所付き合いが希薄になった現代社会において、それはとても心強いことなのです。

 

名刺の中に情報を入れる

名刺の中にはどのような情報を入れるといいのでしょうかまずは自分の名前です、これは絶対に欠かせないものですが、名前のところには自分の肩書きなども入れるのが常識になっています。そしてもう一つ会社の名前を入れます、これは正式名所を入れるようにしてください。株式会社の場合でしたら株式会社という記述も必要になります。

QRコードそして電話番号と会社の住所も入れます。電話は大体は会社の固定電話になります。自分の携帯の番号を入れることはあまりありません。この4つが必要最低限の情報なのです。しかしこれにさらにメールアドレスも入れる場合もありますが、メールアドレスはかなり長く、しかも小さな文字で入れなければいけませんし見難いのでQRコードにするのが勧めです。これなら携帯電話から読み取りをすることができますし、いちいち入力する手間も省けます。このようにすると先方さんに気軽にアクセスしてもらうことができます。

名刺のまた裏面などを活用したいのでしたら会社までの地図などを入れるのもいいかもしれません。裏面を一面使えますので分かりやすくなります。裏面はあえてのこしておいて先方さんがメモをしやすくするようにしてあげるというのもありますので、必ずしも両面印刷をしなければいけないというわけではありません。

 

耐久性の高い名刺を作る

名刺をもしも作るのでしたら耐久性の高い素材のもので作るのがお奨めです。すぐにぼろぼろになる材質で作ってしまいますと書いている内容が分からなくなってしまうからです。またもらったほうも整理するときにぼろぼろの名刺があると非常に邪魔になります。ですので必ず耐久性の高い紙で作ってください。名刺には一般的には厚い紙が使われますが、他にもプラスチックなどの名刺もあるのでそちらもお奨めです。プラスチックの耐久性はかなり高く、ぼろぼろになりませんし焼けて色が変化するようなこともありません。

素材またさらに水に濡れてもふにゃふにゃにならないというメリットもあります。いつまでもきれいに保てるのがいいところです。耐久性の高い名刺はいつまでも持ってもらえますし、またいい素材を使っているということでいい印象を持たれることもあります。ですので是非使ってみてください。紙でも最近では防水仕様になっているものがあるのでコストを削減したいのでしたらこちらのほうもお奨めです。

防水加工になっているものは汚れにくいというメリットもあります。いつまでもきれいなままで保てるというのも魅力的なところなのです。材質に迷っている方には注目してもらいたいです。

おやこ名刺を作ったら

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

載せたい項目が決まったら、実際に名刺を作ってみましょう。無料のテンプレートを利用して自宅で作ることも可能ですが、名刺作成サービスを利用すると、用意された様々なテンプレートの中から好みに合うものを選ぶことができます。種類は実に豊富で、数百から数千ものテンプレートがあるというから驚きです。価格はサービスによって違いはありますが、30~40枚で1700円前後のものが多いです。オンライン注文ができるので、とても便利です。

渡す名刺が完成したら、さっそく手渡してみましょう。会えば挨拶くらいはするけれど、仲良くなるきっかけがつかめない。もっと仲良くなりたい。まずはそんなママさんに渡しましょう。最初は緊張しますが、何度か繰り返していくうちに慣れてきます。渡す際にビジネスマナーは必要ありません。失礼な態度はいけませんが、ビジネスマナーにこだわると堅苦しくなってしまいます。人との距離を縮めるのは笑顔です。スマイル&リラックスを心がけましょう。また初対面の場合、いきなり名刺を渡すと逆効果になることがあります。その場の雰囲気を読み取って、渡すタイミングを計ることが大切です。中にはおやこ名刺が苦手なママさんもいるので、無分別に大量に配り歩くと好感度を下げてしまう原因となります。せっかく素敵な名刺を作っても、対応が雑になっては台無しです。おやこ名刺を使いこなすには、心がけが大事です。

〔参考リンク〕
高品質な名刺作成ならデザイン名刺.net【即日スピード印刷/発送】

 

名刺のテンプレートについて

ビジネス用の名刺でしたらシンプルに白い紙に名前や電話番号だけを印字することが多いのですが、このシンプルな印刷でも色々なテンプレートが存在します。横向きのものやたて向きのもの、そして名前などの配置やレイアウトなどが違いますのでシンプルでもある程度の個性を出すことができます。

テンプレートそしてさらにおしゃれなデザイン性の高い名刺を印刷するためのテンプレートも存在します。また、自分の写真などが入れられるタイプもあります。顔を覚えてもらいたいときなどにはお奨めです。これはよく無料で配布されているのですが、シンプルな柄から渋いものなどあらゆるものがあります。無料で配布されているものでしたら勝手に使うことができますので利用してみてください。パソコンに元々付属している文章作成ソフトなどに名刺を作成するためのテンプレートが含まれている場合もあります。それを使ってみるのもお勧めです。

ただ文字を入力するだけで配置をしてもらえますし、簡単に出来上がります。文字などの配置を自分で考えて完全にオリジナルでするのもいいのかも知れませんが、よほどのデザインセンスが無い限りはお奨めできません。というの出来が悪くなる可能性もあるからです。

 

名刺のデザインにこだわってみよう

名刺の作成と言えば、従来は文房具店やはんこ店に依頼するのが主流でした。これらのお店で作成した名刺は品質こそ優れているものの、レイアウトや書体などデザインの面でのバリエーションに乏しい上、高価でもあることがネックでした。また、納期が少しかかってしまうという問題もありました。ところが現在では、名刺作成の方法も多様化してきています。インターネットで名刺作成を請け負う業者が増えていますし、専用ソフトをダウンロードして自作することもできます。

デザインこれらの方法の特徴は、デザインの多彩さです。レイアウトや書体はもちろんのこと、業者によってはイラストや顔写真、果ては携帯電話で読み込むQRコードを入れることもできます。また費用面でも、デザインにもよりますが従来の文房具店・はんこ店に比べかなり安価になっています。そして、納期が短い点も見逃せません。早い業者であれば、デザインが確定すれば当日ないしは翌日には出荷してくれます。

手持ちの名刺がなくなりそうなのに補充を忘れていた、というような場合でも安心です。名刺は、第一印象を大きく左右します。ちょっとデザインにこだわって印象度をアップさせれば、きっとビジネス面にもプラスの効果があるでしょう。

どの項目を載せるか?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

おやこ名刺の作り方は基本的に自由です。こうしなければいけない、というルールはありませんが、作成する上で名刺に載せた方がよい項目がいくつかあります。ママと子どもの名前は必須項目です。顔写真については載せた方が覚えられやすいですが、写真に抵抗があるのなら無理に載せる必要はありません。

項目電話番号やメールアドレスを載せると緊急時の際、すぐに連絡をもらえます。電話やメールより気軽にコミュニケーションが取れる、メッセージアプリのIDもおすすめです。一方、SNSやブログはプライベートな空間に近いので、より密な交流を求めているのでなければ載せない方がベターです。住所も初対面の相手に名刺を渡すことを考えると、慎重に考えたい項目です。

趣味に関する記載は相手に親しみを感じてもらえたり、話が弾むきっかけにもなります。あまりアピールしすぎると自己主張の強い、押しつけがましい印象を与えてしまうので、さらっと触れる程度にとどめておきましょう。

載せないほうがよいとされる項目は、ママの学歴や職歴についてです。ビジネス名刺ではありませんので、いずれも相手に知らせる必要がない項目です。また、パパの勤務先の会社名や年収を載せてしまい、ひんしゅくを買ってしまったケースがあります。受け取る相手によって誤解を招き兼ねない項目や、常識から大きく外れた項目は極力避けるべきです。

 

名刺のデザインに見える想い

名刺は今では英語でビジネスカードと呼ばれて世界中で一般的に使われています。もちろん発祥は日本。営業では必要不可欠のアイテムとなっておりますが、このビジネスカードのデザインを見比べてみたことはありますか。 以前は縦書きがほとんどだったのに国際化の影響もあって英文表記の必要性か横書きがほとんどです。会社の名前と、個人の名前の位置、大きさで、会社をアピールしているのか、個人をアピールしているのか、その会社の姿勢が現れています。

有名な会社で業務内容が記されていなくてもわかる会社もあれば、一緒に業務内容も記載しておかなければ何をやっている会社かもさっぱりわからないものもあります。女性の場合には角を丸く落としておくことで柔らかい印象を与えることもできます。もっとこだわる場合には紙の質にもこだわり、手すき和紙で作られたものまであります。いづれにしましても名刺のデザイン一つとってみましても会社のポリシーが見えてくるアイテムでして、簡単に決めてしまっていいものではありません。

特にこれから会社を始められる方は、業務内容も明記して覚えてもらいやすいものをデザインしていく必要があります。会社の業績一つを決める重要なアイテムです。

 

印象に残る名刺を作成する

人は色によってさまざまなイメージを持ちます。そのため、名刺を作るときにも、名刺の色について考えておくと印象に残りやすくなります。白のイメージが強いですが、フリーで行なっているのであれば、自分で名刺を一から作ることができます。デザインや色を自分で決めることができるのであれば、自分にあったデザインや色にしていくことです。実際に色が違っていた方が、探しやすいです。写真を張っている人もいますが、それも工夫の一つです。

現代は忙しい社会です。そのため、相手に時間を使わせない工夫をしておくことが大事です。名刺を使うときなどは、思い出してから、もらった名刺の中から探し出す作業にどうしてもなります。その時に、特徴があれば、それを頭にイメージさせながら探すことが出来るようになります。文字だけで自分を表現する事もできますが、それ以外でも自分を表現する方法があるのです。社会の中に色があるのですから、そのような情報を上手く使っていく事も大事です。得に名刺の役割を果たすようにならなければ、意味がありません。思い出して、人に宣伝していく役割を持ったり、仕事を受注したりしていくことが大事になります。考えて作っていくことです。

 

 

 

 

 

 

おやこ名刺とは?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

近年、小さな子どものいるママさんの間で静かなブームを呼んでいる、おやこ名刺。ドラマや雑誌に取り上げられたことをきっかけに、トレンドに敏感なママ達を中心にじわじわと拡がりを見せています。聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。おやこ名刺とは、ママ友同士で交換しあう名刺のことをいいます。「ママ友名刺」、「ママ名刺」などと呼ばれることもあり、知り合ったばかりのママ同士がコミュニケーションを取る上で、特に欠かせないアイテムとなりつつあります。

名刺と聞くと、一般的なかっちりとした印象の名刺を想像される方も多いかもしれません。おやこ名刺と一般的な名刺には、大きな違いがあります。一般的な名刺はビジネスのために作られていることが多いですが、おやこ名刺はママ同士、親子同士の交流を目的としています。そのため、ママと子どもの名前をそれぞれ載せている点が大きな特徴となっています。またおやこ名刺には、かわいらしいデザインがとても多いです。子どもらしい、明るくてポップな印象のものが好まれています。

ママ友の数が多すぎて名前と顔が一致しない、という困った事態もおやこ名刺があれば未然に防ぐことができます。おやこ名刺はただの流行りではない、実用的な一面も兼ね備えているのです。そんなおやこ名刺ですが、どのように作ればよいのでしょうか。今回はおやこ名刺に載せるべき項目、渡す場所、使用する上で気をつけたいことなどをご紹介いたします。